GLI

GLI BLOG教育ブログ

教育方針の新提案!?レゴと公文どっちが正解か?

教育の考え方が変わってきました。

こんにちは!GLI代表の鏑木(かぶらき)です。

 

教育の考え方が日本でも大きく生まれ変わろうとしています。今日のタイトル「レゴと公文どっちが正解か」にも繋がってくると思います。

 

まず、その答えが「人それぞれ異なる」と私は感じています。なぜそのような’’曖昧な回答’’になるのか?ここで家族ぐるみで仲良くしていた私の知り合いの子供のお話を紹介したいと思います。

 

その子供は小さなころからレゴや絵を描くのが大好きでした。彼はレゴで遊んだり、絵を描いたりしているときは何時間でも集中して、ときに独創的な作品を作って見せてくれました。

 

そんな一方で、親御さんの方針は「公文式」。小学校受験を目指していたので年少さんから漢字の書き取りや計算を始めていました。

 

で、その彼はそれからどうなったと思いますか?

 

実は、建築学部に入学し、「ピサの斜塔」や「サクラダ・ファミリア」など海外の有名な建築物の研究に行ったり、そして、世界的な建造物を設計する建築士になりたいと大学院への進学も決めたのです。

 

ここで何が言いたいかと言うと、

幼少期に培った集中力は未来を生き抜く力になる

ということです。

 

別に公文式が悪い、レゴが良いと言いたいのではありません。子供は本来どんなことにも興味を持ち、ずっとやり続ける能力が備わっています。それが、レゴでも、砂場でもたとえくだらない遊びでもそれはその子の素質だったりします。

 

その素質を育てることが未来を生き抜く力となるのです。だからこそ、あなたのお子様が時間を忘れて取り組んでいたならば、「そんなことしないで、勉強しなさい!」などと言わずに、将来結果を出すためのトレーニングをしていると思い、温かく見守ってあげてはいかがでしょうか?

 

この投稿が教育を考えるきっかけになると私としても嬉しいです。

 

 

鏑木(GLI代表)

 

 

追伸:無料プレゼント
自分の子供をどう英語教育すれば良いか
イマイチ良くわからない方に
「小学生で英検2級に合格できる勉強法」
無料プレゼントしています。
↓↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40htl7473n

GLIとLINE@でお友達になっていただき
「英検」とメッセージください。

 

【気軽に相談してみる】
自分のお子様の英語教育にお悩みの方は
気軽にLINEカウンセリングが受けれます。
https://line.me/R/ti/p/%40htl7473n
※「無料相談」とメッセージをください

B!

英語を学びたいと思ったら、まずはお気軽に無料体験・ご相談を!

© GLI co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll Up